ドキュメントとその他のテレビ番組

「甲子太郎」は”きねたろう”とも読めるが、同時代の史料に「樫太郎」と表記されたものがあることから、”かしたろう”が正しいとされる。常陸志筑藩士・鈴木専右衛門忠明の長男として生まれる。家老との諍いにより父忠明が隠居した後、伊東が家督を相続したものの、後に忠明の借財が明らかになったことから追放される。伊東は水戸へ遊学し、水戸藩士・金子健四郎に剣を学び、また、水戸学を学んで勤王思想に傾倒する。追放後の忠明は東大橋にて村塾を主宰し、遊学を終えて帰郷した伊東も教授に当たった。のちに深川佐賀町の北辰一刀流剣術伊東道場に入門するが、道場主伊東精一に力量を認められて婿養子となり、伊東大蔵と称した。元治元年10月、同門の藤堂平助の仲介で新選組に加盟。同年11月、弟の鈴木三樹三郎、盟友の篠原泰之進や加納鷲雄、服部武雄、門人の内海二郎や中西昇らと上洛。このとき、上洛の年に因んで伊東甲子太郎と称する。参謀兼文学師範に任じられる。容姿端麗で巧みな弁舌から、伊東に対する人望が高かったと伝わる。しかし、伊東と新選組は攘夷という点で結ばれていたが、新選組は佐幕派で、勤王を説こうとする方針をめぐり、密かに矛盾が生じていた。

この説の根拠としては、元新選組幹部・永倉新八が晩年に口述した『新選組顛末記』や、新選組が屯所として利用した京都西本願寺の寺侍・西村兼文が残した『新撰組始末記』などが挙げられる。しかしながら現在、新選組犯行説には異論を唱える向きも多い。根拠とされる書物も、後に発見された永倉新八『浪士文久報国記事』では「内山暗殺事件」について触れておらず、また『顛末記』には永倉自身ないしはそれが連載されていた「小樽新聞」編集者によると見られる脚色のあとがあり、一方『始末記』の西村兼文は新選組に悪意を持っていたため、共に信憑性を欠くというわけである。 事実、当時の京都・大阪ではいわゆる「尊王攘夷・倒幕」の嵐が吹き荒れており、倒幕派志士による奉行所役人など幕吏の暗殺事件も多発していたことから、そうした志士による犯行説も捨て切れない。

一方で日本航空の機内誌SKYWARDに毎月連載されているエッセイ「つばさよつばさ」では他作品の作風とは異なり、鹿児島市で名物の白くまを食べ損ねた話など作者の普段の生活をユーモアを交えて紹介している。「つばさよつばさ」は人気が高く、2007年には単行本として出版された。2010年1月19日の報道によると、カニの「宅配詐欺」被害に遭ったとする、事実と異なる内容のエッセイを日本航空の機内情報誌・「SKYWARD」の12月号に寄稿し、函館朝市協同組合連合会から抗議を受け謝罪していた。浅田のエッセーを知った朝市協同組合連合会は2009年12月に調査を実施し、浅田の家族が朝市の実在する店からの電話を受けカニを注文していたのを確認した。連合会が「個人情報が漏れたこともない」と連絡すると、浅田は謝罪した模様である。石川県七尾市生まれ。早稲田大学政治経済学部中退。北国新聞社記者を経て、作家となる。クラブ雑誌に多岐流太郎の筆名で時代小説を書きはじめていたが、昭和四十年代に入ると長谷川伸創始の「新鷹会」の同人となり、筆名を本名の「戸部新十郎」に改めた。

文久3年5月頃に入隊。 同年8月2日、何者かに暗殺されて、変死体で見つかる。 この愛次郎の死には二つの説がある。 一説は、愛次郎の恋人のあぐりを芹沢鴨に妾として渡すよう命じられ、悩んでいたところ、 芹沢の部下である佐伯又三郎に駆け落ちをすすめられ、新選組を脱隊し、あぐりと共に京をあとにしようとする。 しかしそれは佐伯と芹沢の罠で、朱雀の藪の中を通り過ぎようとした愛次郎は 待ち伏せしていた佐伯に惨殺されてしまう。また恋人のあぐりも佐伯に暴行を加えられ、舌を噛み切って自害する、というものだ。 もう一説は、佐々木愛次郎は長州の間者であったが新選組の理想に感銘しそのまま長州を裏切る事になる。 その事が長州側に発覚し長州側に暗殺された、というものである。が真相は定かではなく、資料も少ない。隊内きっての美男剣士という評判が伝えられている。水戸藩卒。現在の常陸大宮市御前山村野口平、粕谷忠兵衛の子として生まれる。安政5年、孝明天皇から密かに下賜された戊午の密勅の返還に反対し、家督を長男の親之助に譲り、脱藩した。

戻る